インド老舗たばこ企業のサプライチェーン革命

100年企業の「ITC」が成し遂げた大変革!

(写真:ロイター/アフロ)

インドではイギリス統治下に始まった企業が多くある。そうした企業のひとつがITCだ。ITCは、西ベンガル州コルカタに本社を置くインドのコングロマリット(複合企業)である。1910年に国営のタバコメーカー、インペリアル・タバコ・カンパニーとして発足。のちに民営化し、2010年に100周年を迎えた。2013年の年商は80億ドル超で、足元の時価総額は約450億ドルである。インド全土の60以上の拠点で、2万5000人を超える従業員が働いている。

国内シェア80%を占めるITC

ITCは祖業のタバコ製造から多角化し、現在はホテル、製紙、包装資材、農産物事業、食品・菓子類、アパレルなどの事業を展開。タバコは今日でも看板事業で、ITC1社でインド国内のタバコ販売量の実に80%を占めている。「ゴールドフレーク・シガレット」ブランドは、タバコの代名詞のように有名だ。ちなみにインドでは3億人近い人がタバコを喫煙しており、市場規模は70億ドルを超える。

ただタバコはインドではもはや喫煙を奨励されておらず、反タバコ立法が導入されてもいる。そんな中でITCはタバコ以外のビジネスに積極的に進出し、成功した。インドでは、ITCという名前は長い間タバコと同意語であったが、ITCは非タバコブランドを築いたのだ。たとえば、ITCはインド最大の食品販売会社でもある。ナンのような主食であるチャパティを作る小麦粉や各種スナック、インスタント食品、菓子類などを手掛けている。こういった商品を、都市部の高級ショッピングモールから農村部奥地の小規模店舗まで、約200万の小売店ネットワークに供給している。

次ページそのネットワークとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。