MRJは三菱の航空機事業に何をもたらすか

三菱重工のキーマン、鯨井洋一副社長に聞く

10月18日の完成披露式典。姿を見せたMRJの前に開発スタッフがずらりと並んだ(撮影:尾形文繁)
事業化を正式決定してから6年余り。ついに国産の旅客機がその姿を現した。三菱重工業は10月18日、愛知県の小牧南工場で小型ジェット旅客機「MRJ」のロールアウト(完成披露)式典を開き、飛行試験用の初号機を初めて公開した。
MRJは三菱重工が傘下の三菱航空機を通じて開発を進めている、70~90席クラスの地域路線用旅客機。国家プロジェクトとして開発されたプロペラ機の「YS-11」(1962年初飛行、73年に製造終了)以来、半世紀ぶりに誕生する国産の旅客機だ。これまで3度のスケジュール変更を強いられるなど開発作業は難航してきたが、ようやく試験用の初号機完成までこぎ着けた。目標とする2017年の納入開始に向け、来年6月までに飛行試験を開始する。
東洋経済オンラインでは、2回に分けてキーマンのインタビューを掲載。第2回は三菱重工業の鯨井洋一副社長(1回目の川井昭陽・三菱航空機社長インタビューはこちら)。交通・輸送ドメインのトップとして民間航空機分野(MRJ事業とボーイング受託製造事業)も統括する鯨井副社長に、今後の展開について聞いた。

 

――三菱重工におけるMRJの位置づけをあらためて聞かせてください。

当社の航空機ビジネスは歴史的に防衛省の仕事を主体にやってきた。一方、民間分野ではボーイング旅客機の胴体や主翼の受託製造を手掛けているが、その売上高は直近で年間2000億円程度。連結売上高(3.3兆円)に占める比率を考えると、まだまだ基幹事業にはなりえていない。そこにMRJの完成機ビジネスが加わることで、民間航空機事業の規模は大きく成長し、本当の意味で柱になる。

質的な重要性も大きい。旅客機メーカーになるということは、自らがインテグレーターとなって機体をまとめ上げ、それを自分たちで造り、世界中のお客さんに販売していくということ。事業の層の厚み、グローバル性、主体性といったいろんな面で今までとは大きく異なる。つまり、MRJで、三菱の民間航空機事業は質的にもより高いレベルへと大きく変わる。

ひとまず安堵だが、あくまで通過点。

「これから先が本当の正念場」と気を引き締める、三菱重工の鯨井副社長(撮影:梅谷秀司)

――どういう思いで今回のロールアウトを迎えましたか?

大変なことは覚悟の上での挑戦だったが、予想以上の苦労と時間を強いられ、お客様をはじめ、多くの方々にご迷惑とご心配をおかけしてしまった。ようやく試験用の初号機完成まで漕ぎ着けることができ、ひとまず安堵した、というのが正直なところ。

ただし、MRJのプログラム全体からみると、今回のロールアウトはあくまで通過点。実際の納入までには、長時間に及ぶ飛行試験を行い、最終的には安全認証(型式証明)を取得する必要がある。これから先が本当の正念場だ。改めて気を引き締め、目標とする17年上期中の納入開始に向けて、着実に開発作業を進めていく。

次ページ受注実績の評価は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。