日本電産・永守社長、「片山氏獲得」を語る

ターゲットは“モーター以外”の新市場

シャープ元社長という大物を招聘した日本電産・永守社長。片山氏にいったい何を期待しているのか(撮影:今井康一)

「戦略は変わってきている。一顧客につき100億円規模の『丸ごと戦略』を推進する」。

10月23日、日本電産は東京・丸の内で、2014年度4~9月期(第2四半期)の決算説明会を開催。記者会見で永守重信社長は、そう経営戦略を語った。

第2四半期の実績は、売上高4895億円(前年同期比14%増)、営業利益526億円(同34%増)と、きわめて好調。純利益は522億円(同36%増)と、6年ぶりに過去最高を更新した。韓国サムスン電子向けの減速などで苦戦する電子部品メーカーも目立つ中、強固な収益基盤を改めて示した格好だ。

業績好調の要因としては、市場が成熟化したパソコン用HDDの精密小型モーターから、いち早く車載用や産業用モーターへと事業領域をシフトしたことが挙げられる。実際に車載分野は、売上高930億円(同72%増)と、大幅な伸びを記録した。

パソコン以外も「丸ごと」

一方、今回の会見で永守社長が強調したのが、既存分野の精密小型モーターのうち、パソコン用HDD向け以外の“新ビジネス”についてだった。

これまで精密小型モーターのうち、大半はパソコン用HDD向けだ。その他にも携帯電話用振動モーター、ゲーム機用ファンなどの小型モーターを手掛けるが、日本電産が今後狙うのは、これら小型モーターを含む、「丸ごと戦略」(同社)である。永守社長は「パソコンや光ディスク関連(のモーター)はなくなっていくトレンドだが、(丸ごと戦略の)新ビジネスは今後の成長の源泉になる」と自信を示す。

「丸ごと戦略」とは、ある製品へのモーターの提供を含む、課題解決の全般を引き受けること。例えばヘアードライヤーの場合、「重い、音がうるさい、コードが邪魔という、お客さんからのクレームが多いと聞く。うちは軽くて静かなモーターを提供し、かつ羽根の設計までを全部手掛け、単品でなく、丸ごとソリューションとして提供している」(永守社長)。

こうした「丸ごと戦略」拡大のカギとなるのが、技術の融合だ。製品の課題解決には、モーター単品の技術だけでなく、それに関わる回路設計、ソフトウエア、通信技術など、多様な技術が必要。会社としては、そうした技術全体の指揮系統も必要となる。

次ページ試される片山氏の手腕
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。