《プロに聞く!人事労務Q&A》海外で勤務する社員の労災保険給付について教えてください。

《プロに聞く!人事労務Q&A》海外で勤務する社員の労災保険給付について教えてください。

 

回答者:雇用システム研究所 白石多賀子

質問

 弊社はタイに子会社があります。最近、本社から出張した弊社の社員が業務で移動中に転んで骨折してしまいました。現地の病院で治療を受けましたが、この場合、労災は適用されますか? また、籍は日本の本社にあるものの、タイに長期滞在し、タイの子会社のオフィスで勤務している社員が5名います。これらの社員がタイ国内でケガ怪我をした場合、労災は適用されますか?海外で勤務中の社員がケガをした場合の対応について教えてください。(製造業:人事部)

回答

ご質問のタイの子会社へ出張中の災害については、本社の労災保険により給付を受けられます。また、タイの子会社に長期滞在勤務している社員が、長期海外出張の場合は国内の会社の労災保険により給付を受けられます。しかし、転勤、在籍出向等で派遣されている場合は、海外派遣者として特別加入の手続きを行わなければ労災保険の給付を受けられません。

■海外出張と海外派遣の区別

○海外出張
国内の会社に所属し、その会社の使用者の指揮命令に従って海外で労務の提供をする場合は、国内の所属する会社の労災保険が適用されます。

○海外派遣
海外の会社に所属し、その会社の使用者の指命令揮に従って勤務する労働者は、海外派遣者の特別加入の手続きを行わなければ、労災保険の適用は受けられません。

○海外出張と海外派遣の一般的な例示

 

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。