民主党の税制改正PT総会で連合、経団連からヒアリング、11月初旬メドに政府税調へ重点要望提出へ

民主党の税制改正PT総会で連合、経団連からヒアリング、11月初旬メドに政府税調へ重点要望提出へ

6日に政府税制調査会が再開されるのを前に、2011年度税制改正に向けた与党内の動きが活発化している。5日は税制改正プロジェクトチーム(PT)の総会が開かれ、連合や日本経団連などの各種団体からヒアリングを行った。

この日の総会で意見を聞いたのは、連合、日本経団連、日本商工会議所、日本税理士会連合会のほか、全国知事会、市長会、町村会の地方団体。このうち日本経団連は「少なくとも法人税率を5%引き下げ、早期に実効税率30%への引き下げ」を訴えたほか、「環境税の安易な導入には反対」などと訴えた。一方、連合は「雇用促進税制について早急に検討し、結論を出すべき」と主張した。

出席した議員の間からは、「法人税を減税すると、銀行の繰り延べ税金資産に影響を与え、自己資本が減って中小企業向け融資に影響が出るのではないか」「税金を納めている企業は2~3割に過ぎない。経団連加盟の大企業で法人税が未納の企業はどれくらいあるのか」などという意見や質問が出た。

同PTでは、今週から来週にかけて、地球温暖化対策税や法人税、所得税などについてのヒアリングや議論を集中的に行う一方、各部門会議からの要望を取りまとめ、11月初旬をメドに重点要望として政府税調に提出していく。

一方、野田佳彦財務相は同日の定例記者会見で、「去年は12月後半まで諸事情があって(政府税調の)結論を出すのが遅れたが、平年のベースで12月中旬には結論を得るよう精力的に議論を進めたい」と述べた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。