【産業天気図・外食】「曇り」続くも客数に底打ち機運。価格戦略の成否が注目点

予想天気
10年10月~11年3月 11年4月~9月

外食業界は2010年10月以降、1年終始「曇り」が続くものの、上向く兆しも見えてきた。例年にない猛暑を追い風に、低価格が特徴の麺類・洋風ファストフード業態などで客数が回復。客足の落ち込みにようやく底打ち感が出てきた。

日本フードサービス協会によると、外食業界の8月全店売上高は前年同月比1.6%増と、2カ月連続で前年を上回った。記録的猛暑に加えお盆時期も週末と重なったため、客数が同3.6%増と、7月の同2.9%増からさらに伸張した。安価なドリンク類の販売増などにより、客単価は同1.9%減と7月よりも下落幅は拡大した。

今夏の動きで最も特徴的だったのが、客単価が5000円前後で、他業態と比べ高価格帯に位置するディナーレストラン業態の回復だ。同業態は7月に前年同月比2.5%増と、08年3月以来実に28カ月ぶりに前年を超過。猛暑効果により飲料の注文が伸びたという一時的側面もあるが、この基調が続けば、外食業界全体の底打ちに向けた明るい材料になる可能性もある。

ただ、今後懸念材料として挙げられるのが、09年5月以来15カ月連続前年割れ状態にある客単価の動向だ。消費者の節約意識の高まりを受け、牛丼・居酒屋業態をはじめとして、企業側は価格の引き下げを行っている。各社とも値下げによる客数増で客単価減をカバーする目論見だが、ともに牛丼チェーンであるゼンショーの「すき家」、松屋フーズの「松屋」を除き、その効果は不十分。苦肉の値下げ競争が繰り広げられている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。