米アップル7─9月は12%増収、新型iPhone販売が予想上回る

7-9月期売り上げは前年同期比12.2%増

 10月20日、米アップルの第4・四半期決算は、売上高が12.2%増の421億2000万ドルと、市場予想の398億8000万ドルを上回った。ベルリンで9月撮影(2014年 ロイター/HANNIBAL HANSCHKE)

[サンフランシスコ 20日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>が20日発表した第4・四半期(7─9月)決算は、売上高が12.2%増の421億2000万ドルと、市場予想の398億8000万ドルを上回った。スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」の販売台数が予想を上回る16%増を記録、「Mac(マック)」もここ数年間で最も高い伸びを示した。

アップル株は時間外取引で1.3%上昇した。年末商戦に当たる第1・四半期(10━12月期)についても、強気の見通しを示した。

<アイフォーン好調、アイパッドは販売減続く>

7─9月期の1株利益は1.42ドル。市場予想は1.31ドルだった。

「アイフォーン」の販売台数は3927万台と、16%増えた。9月に発売した「アイフォーン6」と「6プラス」が押し上げた。これには中国の販売台数は含まれていない。販売台数は3800万台程度を見込んでいた一部予想を上回った。

マエストリ最高財務責任者(CFO)はインタビューで、新型アイフォーンについて、販売台数で前世代モデルを既に抜いたと述べた。

半面、タブレット端末「iPad(アイパッド)」の販売台数は、3四半期連続で減少した。7─9月期の販売台数は1230万台にとどまり、前期比で7%超減少したほか、前年同期比では13%減少した。タブレット端末の需要は、世界的にみて徐々に減退しつつある。

また、7─9月期の「マック」の販売台数は550万台となり、21%増加。2011年10─12月期以来の高い伸び率を記録した。

<ホリデーシーズンに向け強気>

アップルは第1・四半期(10━12月期)について、売上高を635億━665億ドルと見込んでいる。トムソン・ロイター・エスティメーツのアナリスト予想は635億2000万ドル。

*内容を追加します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。