立命館大学

新たな国際化戦略に挑む
立命館大学

多文化協働でアジアと世界をリード

立命館大学の国際化戦略への取り組みは長い。多文化協働できる人材の育成が、理念の柱となっていることが背景だ。海外大学との単位互換や共同学位取得のための連携をいち早く進め、スーパーグローバル大学(SGU)創成支援事業にも採択された。すでに多くのグローバル人材が巣立っているが、その歩みは止むことがない。来春オープンする大阪いばらきキャンパスを新たな拠点にスタートする、アジアに目を向けた取り組みに注目が集まる。

より高次元の国際化めざし
世界水準の学究を実現

2012年度QS世界大学ランキングでは 総合24位と世界有数の研究大学である ANUとは「共同学士課程」の設立に向 けた協議を進めていく

去る7月8日、立命館大学とオーストラリア国立大学(ANU)が連携・共同に関する覚書を締結した。この覚書に基づき、両校は「共同学士課程」の設立に向けた協議を進める。ANUは、オーストラリア連邦議会法により設立されている唯一の大学である。共同学士課程では、2大学が共同してカリキュラムを開発・運営し、両校の承認のもとで学士号が授与される。海外大学と日本の大学との共同学士課程の設立は、国内初の取り組みだ。

折から訪豪中の安倍首相も、調印式に立ち会っている。安倍首相とアボット首相による共同声明「21世紀のための特別な戦略的パートナーシップ」のなかでも2大学の共同への言及があり、両国の期待の高さがうかがわれるところだ。

長い国際化の歴史
着実な成果を継続

金山 勉
学校法人立命館
国際連携室副室長
立命館大学国際部副部長
産業社会学部教授

ANUとの協働は、立命館大学のグローバルな取り組みを象徴するもののひとつだが、ここに至るまでには長い国際化の歴史と実績がある。「本学では、育成する人材像を“多文化協働できる人材”としています。建学の精神・教学理念に基づいて制定された立命館憲章でも、アジア太平洋地域に位置する日本の学園として、歴史を誠実に見つめ、国際相互理解を通じた多文化共生の学園を確立することを明文化しています。本学国際化戦略の軸となっているものです」と、金山勉教授は同校国際化の背景を説明する。

その取り組みは1980年代からすでに顕著な成果を挙げている。88年には国際関係学部を設置。90年代初めには、カナダ・ブリティッシュコロンビア大学とのジョイントプログラムや米アメリカン大学とのデュアルディグリープログラムを開設し、多くの修了生を輩出してきた。2000年には立命館アジア太平洋大学(APU)が開学し、09年には立命館大学がグローバル30に採択された。今年、附属高校2校がスーパーグローバルハイスクールに採択されるなど、学園全体での国際化も進む。

木田 成也
学校法人立命館
総合企画部長

「こうした国際化の実現には、教職員が一緒に議論を積み重ねるなど、改革に向けた水面下の時間と手間を多くかけているんです」と明かすのは、総合企画部の木田成也部長だ。時には、若手教員と職員たちが合宿形式で意見を交換することもあるという。

他大学から立命館大学に転じた金山教授は、「変化に合わせてというより、先取りしていく立命館大学のやり方は面白いと感じました」と、率直な感想を漏らす。「学生のために、そして社会のためによりよい環境を整えたいとの方向性を共有して教職員がまい進する姿には、そこに加わらせてほしいと思わせるものがありました。試行錯誤を許容し、チャレンジを止めない校風が大きな力となっていると思います」。

次ページアジア諸大学と共同でカリキュラムを開発
資料請求
お問い合わせ
立命館大学 入学センター
〒603-8577
京都府京都市北区等持院北町56-1
 075-465-8351
 r-adm@st.ritsumei.ac.jp
立命館大学入試情報サイト
立命館大学入試情報サイト
ウェブサイトはこちら
立命館大学ホームページ
立命館大学ホームページ
ウェブサイトはこちら
vol.2 しなやかに見定める次のステージ
楽天 アソシエイトソフトウェアエンジニア 兪欣婷
パナソニック ビューティ・リビング事業部 植田奈緒
vol.3 夢を追い 世界に飛び出すひたむきさ
● フォトグラファー 東 真子
● 立命館大学 スポーツ健康科学部助手 岡松秀房
vol.4 日本発の製品・サービスを世界に届ける
株式会社東芝 パーソナル&クライアントソリューション社
滝 知明
ヤマトロジスティクス株式会社 グローバル事業推進室
小路健祐
vol.5 今ここにあるグローバリズムの最前線で
株式会社ホリプロ マネージメント第一事業部 五間岩ゆか
シンプレクス株式会社 リテールソリューショングループ
篠原 大
vol.6 世界に出て知る日本の魅力をあらためて発信
● JICA関西 業務第二課 調査役 山本美奈子
● カオスパイロット(デンマーク) 3回生 大本 綾

 

※本アーカイブは
2013年6月~2014年1月の連載

vol.2 旧来の枠を超えて革新の現場をつくる
● 京料理 「木乃婦」三代目 髙橋拓児
● A・P・モラー・マースクAS 人事部部長 村上聡子
vol.3 たゆまぬチャレンジで最前線を切り開く
● ファーストリテイリング 人事部部長 田辺 信裕
● 宇宙航空研究開発機構 開発員 岡本 千晴
vol.4 学生時代からの思いに真っすぐ、夢をカタチに
● ミズノ グローバルゴルフプロダクト部 深澤 茜
SCS Global シニアマネージャー・公認会計士 南里 健太郎
vol.5 グローバル競争と協調の現場から
宇宙飛行士・立命館大学スポーツ健康科学部客員教授
山崎 直子
本田技術研究所 四輪R&Dセンター研究員 古川 隆一
vol.6 次世代へのメッセージ 異文化理解がグローバル化の原点
● 華道家元池坊 次期家元 池坊 由紀
● 三菱商事 自動車事業本部 課長 小竹 洋介
vol.7 次世代へのメッセージ 新たな気づきが世界を広げる
映画監督・立命館大学産業社会学部客員教授 是枝 裕和
● あずさ監査法人 公認会計士 上村 紘之