小沢氏描く「最終戦争」はうまくいくか

小沢氏描く「最終戦争」はうまくいくか

塩田潮

 海釣りが好きな小沢元民主党代表は9月21日、八丈島から羽田空港に帰着した。翌日、入れ違いに菅首相が国連総会出席のため、政府専用機で羽田を飛び立った。もし代表選が逆の結果だったら、小沢氏が政府専用機に乗り、スキューバダイビングが趣味の菅氏が南の島に出かけていたかもしれない。

 小沢氏はこの先、衆参ねじれの政界の海で「一本釣り」の腕を発揮するかどうか。「パワーは代表選がピーク。今後は下り坂で、賞味期限切れ間近」という分析と、「代表選は長期戦争の第一幕。菅政権の危機到来なら一気に逆襲」との見方が相半ばする。

 巨大党内野党を率いる小沢氏の次の一手が注目を集める。

 出方を占うカギは小沢氏の二つの言葉だ。まず代表選当日の議員総会でのスピーチで「政治生命の総決算。最後のご奉公の決意」と語った。負けたら政界引退の覚悟とも聞こえたが、「総決算、最後のご奉公」は代表選から始まる長期戦争全体に対する決意だったのだろう。

 もう一つ、終わった直後、「一兵卒として民主党政権を成功させるために頑張る」と言った。「一兵卒」は役職拒否、菅政権への非協力の通告だ。だが、「民主党政権の成功」を説く以上、当面は離党や分党は視野になく、党内で権力奪取に挑む方針と映る。

 小沢氏の側近の話では、6月の首相交代で簡単に菅氏を信じて裏切られた自身の甘さ、神輿担ぎが適任の自分が神輿となり、参謀不在を余儀なくされたことなどを反省しているという。焦点の検察審査会の問題でも、「厳しい判断」を視野に入れ、周囲の楽観論を戒めているらしい。状況は好転しているわけではないが、菅政権は年末から来春にかけて行き詰まると見て、そこで「最終戦争」を、というのが小沢氏のシナリオのようだ。

 代表選では小沢氏の「変身」が話題を呼んだ。意外にも雄弁に自らの所信と真情を語り、「逃げない」と明言した。最終戦争でも捨て身の「ニュー小沢」が最大の武器だが、国民の期待と共感をつなぎ止められるかどうか。最終戦争が不発に終わる可能性も大きい。
(写真:尾形文繁)
塩田潮(しおた・うしお)
ノンフィクション作家・評論家。
1946(昭和21)年、高知県生まれ。慶応義塾大学法学部政治学科を卒業。
処女作『霞が関が震えた日』で第5回講談社ノンフィクション賞を受賞。著書は他に『大いなる影法師-代議士秘書の野望と挫折』『「昭和の教祖」安岡正篤の真実』『日本国憲法をつくった男-宰相幣原喜重郎』『「昭和の怪物」岸信介の真実』『金融崩壊-昭和経済恐慌からのメッセージ』『郵政最終戦争』『田中角栄失脚』『出処進退の研究-政治家の本質は退き際に表れる』『安倍晋三の力量』『昭和30年代-「奇跡」と呼ばれた時代の開拓者たち』『危機の政権』など多数
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
マツダ<br>理想への遠き道のり

広島東洋カープのリーグ優勝の陰で国内販売が急失速したマツダ。エンジンやデザインにこだわり、商品力を高め、2015年度の世界販売は過去最高を記録。勝ち組に何があったのか?

  • 新刊
  • ランキング