9月中国自動車販売、19カ月ぶりの低い伸び

商用車の販売低迷で前年同月比2.5%増に

 10月13日、中国汽車工業協会(CAAM)が13日発表した9月の中国の自動車販売は前年同月比2.5%増で、19カ月ぶりの低い伸びとなった。写真は、上海のアウディ販売店で先月撮影(2014年 ロイター/Carlos Barria)

[北京 13日 ロイター] - 中国汽車工業協会(CAAM)が13日発表した9月の中国の自動車販売は前年同月比2.5%増で、19カ月ぶりの低い伸びとなった。トラックなどの商用車の販売低迷が響いた。

販売台数は198万台で、乗用車は6.4%増加。商用車は16%の減少だった。

1─9月の自動車販売は前年同期比7.0%増。

同協会は、今年の自動車販売は8.3%増となり、伸びは前年の13.9%から鈍化すると予想している。

日産自動車<7201.T>の9月の販売台数は20%減、ホンダ<7267.T>は23%減で、ともに3カ月連続の減少となった。

一方BMWは堅調で、1─9月は17.9%増。ダイムラーのメルセデス・ベンツの9月販売台数は30.5%増、フォルクスワーゲンのアウディは13%増だった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。