ビジョナリーカンパニー(3) 衰退の五段階 ジェームズ・C・コリンズ著/山岡洋一訳~規律とモラルがあって衰退からの回復が可能

ビジョナリーカンパニー(3) 衰退の五段階 ジェームズ・C・コリンズ著/山岡洋一訳~規律とモラルがあって衰退からの回復が可能

評者 黒田康史 YSコンサルティング代表

 本書は、ベストセラー『ビジョナリーカンパニー』『ビジョナリーカンパニー(2)』に続くシリーズ三作目だ。前二作では、偉大な実績を挙げている企業、あるいは偉大さが永続する卓越した企業にみられる共通の特徴を膨大な調査から導き出した。今回は趣向を変え、偉大な企業が衰退した理由を探っており、大変興味深い。一般に、成功例からよりも失敗例からのほうが多くを学べるが、このことは本書においてもよく当てはまる。特に偉大な企業のさまざまな衰退事例についての分析から、自社(組織)が衰退を避ける、あるいは衰退から回復するにはどうしたらよいかが学べる。

本書では、前二作で取り上げられた対象企業(偉大な企業)とそれらの比較対象企業、合計60社の中から独自の基準によって抽出した11社(衰退企業)とそれらの比較対象(成功)企業について、詳細な分析が行われている。

本書によれば、偉大な企業の衰退には五段階ある。成功から生まれる傲慢(第一段階)、規律なき拡大路線(第二段階)、リスクと問題の否認(第三段階)、一発逆転策の追求(第四段階)、屈服と凡庸な企業への転落か消滅(第五段階)の五段階だ。そして、第四段階までならいつでも衰退からの回復が可能であり、このことは多くの勇気と希望を与えてくれる。実際、本書の付録にあるIBMやニューコア、ノードストロームの衰退と回復についての分析には大いに勇気づけられる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。