初公開!全国「エコ鉄道会社」ランキング

電力使用効率が良い会社、悪い会社は?

JRの中で、最も電力を効率的に使う企業はJR東日本(撮影:尾形文繁)

鉄道車両の主流を占めているのは、外部から供給された電力をもとに電動機を駆動して走行する電気機関車や電車からなる電気車だ。

なかでも旅客や荷物を運ぶ設備のある電車の両数は圧倒的に多い。大都市圏のJR旅客会社各線、それに大手私鉄や地下鉄の全線で一般的な電車の両数は2012(平成24)年3月31日現在で4万9654両。全国に合わせて6万6004両が在籍する鉄道車両の、実に4分の3を占める。 

JR東海は年間313億円の電力を購入

自動車関係者やユーザーが燃料1リットル当たり何キロメートル走行できるかを示す燃費を気にするのと同じように、鉄道事業者もまた、電気車が使用する電力の数量や代価のことが片時も頭から離れない。

たとえば、2011(平成23)年度の鉄道部門の営業利益が3424億円余りと鉄道事業者のなかで最多のJR東海が、電車(同社は電気機関車を所有していない)の運転用として、電力会社から購入した電力費は313億円余りにも達する。効率のよい電気車を導入し、省エネ運転を心がけて電力費を節約することは、鉄道事業者としての存亡を左右すると言っても過言ではない。

次ページ電力回生ブレーキとは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。