英語よりも、本質を見極める力を養え

グローバル化の本質を誤解している日本(下)

英語を学ぶのは重要だが、グローバル人材になるには、もっと大事なことがある

前回の記事「グローバル化の本質を誤解している日本」では、グローバル化の本質について説明しましたが、大局的な視点、俯瞰的な視点を持つためには、あるいは、本質を見極める洞察力を鍛えるためには、どういったことをすればいいのでしょうか。

あなたは貪欲に学び、愚直に考え続けられるか

実は、その答えは、「学問のジャンルにとらわれず、さまざまな知識を学び続ける」ということなのです。

貪欲になってさまざまな知識を吸収していけば、意識する意識しないにかかわらず、自然と自らの視野が広がっていくことが実感できるようになります。そのうえで、物事の判断をする際に、自らの頭で考えてベストだと考えられる結論を導き出していくのです。

その行程の繰り返しが、俯瞰的、大局的視点を養うと同時に、本質を見抜く洞察力を育んでくれるはずです。言い換えれば、貪欲に学び続ける、愚直に考え続けるという姿勢がとても大切なのです。

物事の本質を探るには、ある特定の分野の知識だけではなく、さまざまな分野の知識が求められます。

次ページ広範な知識が人の視野の広さに直結する
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。