冷夏でスーパー、コンビニ販売が大苦戦、7月の売り上げ軒並み前年割れ

長梅雨、冷夏の影響でスーパー、コンビニエンスストアなど小売業の夏物商戦が苦戦中だ。「何せ10年に一度の異常気象だから」と大手スーパー関係者の表情はさえない。7月の東京地方の真夏日はわずか3日。昨年は20日以上が真夏日で夏物商戦が盛況だったこともあり、「まさに天国と地獄」(業界関係者)というわけだ。

夏物衣料の前倒しセールにより、6月の既存店売上高を3%増に押し上げたイトーヨーカ堂だが、7月は4%減程度に落ち込んだもよう。本部社員全員が土日の現場業務を義務付けられるなど、背水の陣で臨むダイエー。グループ食品スーパー・マルエツのノウハウを導入した東京・高尾店が好調など朗報もあったが結局、7月既存店は3%から4%減になったようだ。イオン、西友など大手総合スーパーは軒並み売上げを落とした。特に12月期決算に変更した西友は大幅な業績下方修正を強いられ、筆頭株主のウォルマートなどへ緊急の資本増強策を求める始末だ。

コンビニの7月既存店売上高も、大手がすべて前年割れとなった。夏場の主役である飲料、アイスクリーム、冷やし中華などが苦戦。上期決算を控え、「本部経費の削減を徹底する」(大手チェーン)と防戦一方だ。「8月は何とか暑くなって欲しい」(大手スーパー)と望みを託すが、8月の天候も今ひとつで各社から威勢のいい声は聞こえてこない。

(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。