仏クラブメッド、中国・復星による買収が前進

取締役会が買収案支持を株主に推薦

 10月6日、仏リゾート施設運営会社クラブメッドの取締役会は、中国の複合企業、復星国際の買収案を支持するよう、株主に推薦することを決定したと明らかにした。パリ近郊で7月撮影(2014年 ロイター/BENOIT TESSIER)

[パリ 6日 ロイター] - 仏リゾート施設運営会社クラブメッド取締役会は6日、中国の複合企業、復星国際<0656.HK>の買収案を支持するよう、株主に推薦することを全会一致で決定したと明らかにした。

クラブメッドをめぐっては、復星国際のほか、イタリアの実業家アンドレア・ボノミ氏も買収に名乗りを上げていた。

復星国際は前月、買収条件を当初から引き上げ、ボノミ氏の1株21ユーロを上回る1株22ユーロの対抗案を提示、クラブメッドの企業価値を8億3900万ユーロ(10億6000万ドル)と評価した。

取締役会はまた、2013年5月に始まった買収合戦により、日々の事業運営が困難になっているとし、迅速な買収完了を求めた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。