ルノー・日産、ダイムラーとの提携を拡大

エンジンと変速機の生産でも協力

 10月3日、独自動車大手ダイムラーとルノー・日産アライアンスは、提携範囲を拡大し、エンジンと変速機の生産でも協力すると発表した。写真はルノー・日産のゴーンCEO、2日撮影(2014年 ロイター/Jacky Naegelen)

[パリ 3日 ロイター] - ドイツの自動車大手ダイムラーとルノー・日産アライアンス<7201.T>は3日、提携範囲を拡大し、エンジンと変速機の生産でも協力すると発表した。

ルノーはダイムラーに、メルセデスベンツのCクラス向けに、1.6(訂正)リットル4気筒シリンダー・ディーゼル・エンジンを供給する。

メルセデスは代わりに、日産のインフィニティ向けに、2リットル4気筒シリンダー・ガソリン・エンジンを提供する。

日産は、インフィニティ向けに、ダイムラーの9速オートマチック・トランスミッションの生産が許可されている。

ルノー・日産アライアンスのカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は「この提携は5年目になるが、われわれの当初予想をはるかに上回る進展がみられる」と語った。

*英文の訂正により第2段落の「1.5」リットルを「1.6」リットルに訂正します。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。