18年目の「ラ王」刷新 日清食品、巨額投資の成算

18年目の「ラ王」刷新 日清食品、巨額投資の成算

一大イノベーションの集大成--。日清食品は6日、主力即席麺ブランド「ラ王」のリニューアル版を関東甲信越地方で先行発売した。10月4日に全国発売し、年間の売り上げ目標は100億円。30億円売れればヒット商品とされる即席麺業界では、異例の高い数字を掲げる。

同社は2009年から、755億円という巨費を投じて「全麺革命」と呼ぶ品質強化に取り組んでいる。専門店の味により近づけるために製造工程を見直し、ラーメンやうどんの太麺化とストレート化を推進。焼きそば「UFO」を従来のちぢれ麺からストレート麺に変更するなど、主力品を徐々にテコ入れしてきた。

その最終段階ともいえるのが今回の「ラ王」の刷新だ。従来の生麺からノンフライ麺に切り替え、そのうえで太麺・ストレート化を実現するために麺開発担当者を総動員。通常、即席麺メーカー間では製麺設備に大差はないが、今回は機械メーカーと共同で「ラ王」専用の設備を開発した。温度や圧力などをより精密に微調整できるようにし、専門店の麺の歯ごたえを追求。1年がかりで何千もの試作を重ね、社長がようやくゴーサインを出したのは発売2週間前のことだった。

即席麺トップの同社がここまでするには理由がある。消費者の嗜好が細分化する中、売り出される即席麺の商品数は年間600種類と、旧「ラ王」が発売された1992年から倍に膨らんだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。