男と女「話が通じない」であきらめないで

「自分と同じ」と思うからトラブルに

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。

ワークショップから見えてきたもの

男と女はわかり合えるのか(写真:アフロ)

現在、最新刊『察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方』をベースにした、コミュニケーションのワークショップを都内各所で展開しています。

ワークの冒頭では「あなたのコミュニケーションタイプは、男寄りか、女寄りか」ということを、簡単なリストでチェックします。それは、

・人から褒められるときは「すごい!」と言われたいか、「さすが!」と言われたいか

・仕事上のトラブル、まずは上司に報告するか、仲のいい同僚に相談するか

・得意なのは、プレゼンとブレスト、どちらか

など、14項目の質問に答えてもらうというもの。

結果を見ると、多くの参加者は自分の性別どおりのコミュニケーションタイプになるのですが、中には、男性でも女寄り、女性でも男寄り、の人が必ず一定数現れます。

この連載ではこれまで、男と女のさまざまなステレオタイプを見てきたわけですが、当然、すべての男が「論理的で、縦の人間関係を好み、目的重視の会話をしたがる」というわけではありませんし、すべての女が「感情的で、横の人間関係を好み、共感重視の会話をしたがる」わけでもありません。

次ページ互いの違いを認めることがチームワークに不可欠
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。