続々登場!自動車とスマホが結びつく技術

人間が運転する機会はまれになる?

画面を注視しなければ操作できないスマホに運転しながら使える日は来るの?

寝ても覚めてもスマホスマホ。とかくこの世はスマホばかり、スマホの普及により人々の生活は大きくかわりつつある。電車の中ではもはや新聞を広げる光景はめっきりみなくなり、逆に座席1列全員がスマホの画面に注目している様はよくある光景となった。歩きスマホも非常に多い。

これだけ人々の生活に入りこんだスマホだが、まだスマホを活用できない人がいる。それが自動車のドライバーだ。

目隠ししてもスマホを操作できるアプリ

スマホはドライバーにとって、インターフェース上重大な問題をもっている。それは画面によるタッチインターフェース。これまで物理ボタンがあるガジェットであれば「手探り」で目線を落とさずとも操作できたが、スマホの場合画面を見なければアイコンやボタンが分からず、必ず画面を注視して操作する必要があるからだ。

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

しかし言うまでもなくこれは危険な行為だ。よそ見運転による事故を誘発してしまうため、法律でも厳罰化が進んできている。

世の中がスマホに傾倒する中、運転中だけスマホを使えないのは不便である。そこで、画面を見ずとも安全に操作できたら、ということで開発されたのが Drivemode アプリである。

Drivemodeは左右スワイプ、上下スワイプ、タッチという3つのアクションだけで、外部アプリを起動、メニュー選択できるインターフェースを持つランチャーアプリ。操作をすると、音声ガイダンスにより現在どんなモードになっているのか確認でき、デモでは目隠しして操作する姿を映している。

次ページもはやドライバーがいらなくなる?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。