オラクル、戦略商品「スパークM7」で存在感

オラクルオープンワールド2014現地リポート(4)

サンフランシスコの町は、ITエンジニアで溢れ返った

4日目を迎えたオープンワールド。この現地リポートも今回で最終回だ。オラクルはこの日、ハードウエアでの新展開について積極的にアピールを行った。特に会場の関心が高かったのがソフトウエアインシリコン、「スパークM7」だ。これはチップの上にデータベースを乗せてしまったもので、圧倒的に処理のスピードが速くなる。ハードもソフトも両面展開するオラクルの強みが出る製品といえる。

朝8時半からのキーノート(基調講演)は、サンマイクロシステムズから引き継いだハードなどのシステムを担当するジョン・ファウラー副社長。新製品のソフトウエアインシリコンを掲げる姿が印象的だった。

サンから受け継いだハード部門でも新展開

自慢の新製品を手に、講演後の会見でも上機嫌だったオラクルのファウラー副社長

実は、ファウラー副社長は、サンマイクロシステムズ時代もCTOとして製品開発に携わってきた。サンマイクロシステムズはCPUを80年代から開発してきた歴史があり、業界首位を取ったこともあったが、投資を怠って落ち込んだ歴史があると語った。

オラクルが買収した当時は、何度もラリー・エリソンに怒鳴られたと言う。それほど、満足のいかない状態にあったというのだ。買収後はこの分野の投資を大幅に増やすことになったが、デザインについては再検討した。そして、買収直後から「野心的なロードマップも描いてきた」という。その成果の一つが、このソフトウエアインシリコン。それだけに誇らしい気持ちもあるのだろう。

「話すのはかんたんだが、実行するのは大変だった。チーム編成をし、データベースチームと協力し、シミュレーションをつくって、基本的に変えた」(ファウラー副社長)。これが来年にも発売されるという。

オラクルでは、50億ドルをエンジニアリングに投資している。プロジェクトの件数は膨大だ。狙っている一つが、現状把握を簡単にすること。「専門知識がないとサーバーをのぞいても、異常を見つけることもできない。どういう風に使われているか把握できているところは少数だ。それを簡単にしたいし、そのためのツールを提供したい」(同)というのだ。

次ページ日本でのクラウド戦略は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。