世界史の構造 柄谷行人著 ~「永遠平和」の実現の理論体系化を試みる

世界史の構造 柄谷行人著 ~「永遠平和」の実現の理論体系化を試みる

評者 高橋伸彰 立命館大学教授

 本書の構想は9年前に『トランスクリティーク』で提示され、4年前の『世界共和国へ』では草稿も語られていた。なのに、仕上げまで「4年もかかってしまった」と、本書の出版案内で著者はいう。理由は「核心的な部分で飛躍的な発展」があったからだ。その内容を直接語らないが、逆に言えばその探求に本書の醍醐味が潜んでいる。

著者は「90年代に入って……理論は、現実を変える何か積極的なものを提出しなければならない、と考えるようになった」(『トランスクリティーク』)と述べ、思考スタイルの変容をNAM(著者が代表を務めた資本と国家への対抗運動)で実践したが、「トランスナショナルな連合」までには発展しなかった。運動を阻んだのは、「資本と国家への対抗運動そのもの」に内在する亀裂であり、それは運動が「一定レベルを越えると」、資本や国家への批判と抵抗を孕んでいる共同体(ネーション)が、逆に両者の破綻を防ごうと機能し始めるからだ。

マルクスは資本と国家が、異なる下部構造を土台にして歴史的に存在することを見過ごし、資本主義を揚棄すれば国家も自然に消滅すると考え、労働者による社会主義革命を支持した。結果的には国民国家の抵抗に遭い、革命は普遍化せずに国家独占支配をもたらし、それすらも「東欧の革命に始まりソ連の解体に及んで」崩壊した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。