韓流に女性グループ歌手旋風 日本に続々上陸の理由とは

すっかり日本で定着した“韓流”が、「女性グループアーティスト」という新たな波を起こし始めた。

8月11日に発売された女性5人組「KARA」の日本デビューシングル『ミスター』が発売3週間足らずで10万枚を売り上げ、オリコンのシングルチャートで5位に入った。海外女性グループのデビュー曲でのトップ10入りは、英国ノーランズの『ダンシング・シスター』(7位)以来、29年8カ月ぶり。KARAに続いて上陸した「少女時代」も初回限定1万枚で発売したDVDが予約開始と同時に完売、「ブラウンアイドガールズ」も都内で行われたイベントでは400枚のチケットに5000人超が殺到した。

日本では「東方神起」など男性グループの人気が先行していたが、韓国では3年ほど前から女性グループが高い支持を得ている。日本での人気を支えるのは10代後半から20代前半の若い女性。AKB48など日本の女性グループは男性ファンが中心なのとは対照的だ。

歌、ダンス、ルックスと三拍子そろった彼女たちを見て「形に残るものを」というファンが多く、配信よりグッズなど特典付きの高額なCDやDVDが多く売れている。CDなどは配信よりも粗利が高く、販売不振にあえぐレコード業界も新たな韓流ブームに期待を膨らませている。

(週刊東洋経済2010年9月11日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
納得のいく死に方<br>医者との付き合い方

人はいずれ老い、死に至る。がん検診に煩わされ、病院に通い、薬・手術に悩む。いつ、どこで、どのように死を迎えるのか。理想の最期を考えるために、日本人の「死に際」に迫る。

  • 新刊
  • ランキング