珍種?「東大女子」はいかにして育ったか

ごくフツウの家庭から、東大生は出せるのか?

東大卒ママたちのジレンマ

さて、今回の結論をまとめると、勉強についてはうるさく言わず「放任」とはいえ、しつけは比較的しっかりする。好奇心を発揮できるようさまざまな機会は与え、興味を持ったものに対しては応援してくれる……というのが典型的な「東大女性たちの育った環境」と言えそうでしょうか。

ただし、言うのは簡単ですが、これを自分の子どもに対してやってあげられるかどうかは別問題です。私たちは東大卒のママの集まりですが、「子どもの教育」を語るときに最も悩ましいのは、仮に自分が受けた教育が「よかった」と思っていても、自分の子どもに対しては「自分の育った家庭を再現しにくい」という点です。

実は、今回アンケートを取った東大卒ママ70人のうち、7割にあたる49人が専業主婦家庭で育っています。これに対し、自身が専業主婦なのはわずか6人。もし、母親が専業主婦になって子どものしつけや好奇心を育てることで、子どもが高学歴を得ているのだとしたら、共働き率が非常に高い今の東大卒ママたちの子どもは、親を超えられないのでしょうか。

次回からはいよいよ、このように育った「東大女子」たちが、母になったとき何を子どもに期待するのかについて、見ていきたいと思います。

 

東大ママ門とは…2011年のホームカミングデーをきっかけに発足した東大卒業生の同窓組織です。現在、0歳から小学生の子を持つ層を中心に、20~40代の東大卒のママ(一部プレママ)160人が登録。「子育てをしながら働き続けるつもりだが、会社内にはまだロールモデルがいない」「子どもの教育観について近所のママ友にはどこまで打ち明けていいかわからない」というような悩みを、同じ大学出身という共通基盤の下にFacebookのグループページ(非公開)で共有したり、オフ会、勉強会などで情報交換しています。

 


 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。