小惑星探査機はやぶさの大冒険 山根一眞著

小惑星探査機はやぶさの大冒険 山根一眞著

宇宙開発の新たな時代の幕開けに立ち会える機会はそうあるものではない。それも、日本人による人類初の偉業を通じて。7年かけて帰還した惑星探査機「はやぶさ」は、感動ばかりでなく、日本の科学技術の高さを教える。

権威あるアメリカの総合学術誌サイエンスが、すでに2006年6月2日号で7論文同時掲載の「はやぶさ」特集を刊行し、米国宇宙協会から賞も授与されていた。だが、日本ではなぜか注目度が低かった。

3億キロのかなたにある小惑星イトカワまで、星のサンプル採取に向かった「はやぶさ」。03年5月の打ち上げから、10年6月の地球帰還まで、結局、60億キロの試練と苦闘に満ちた旅になった。その全プロセスを綿密に取材し続けた著者の「中学生でも理解できる本」である。

将来、この「はやぶさ」の成功をもって、「日本の科学技術の栄光の時代が終わった」と回顧されるのだけは避けたいものだ。

マガジンハウス 1365円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。