リーマンショック コンフィデンシャル 上・下 アンドリュー・ロス・ソーキン著/加賀山卓朗訳~誰がいつ、何を話したか 秀逸なドキュメンタリー

リーマンショック コンフィデンシャル 上・下 アンドリュー・ロス・ソーキン著/加賀山卓朗訳~誰がいつ、何を話したか 秀逸なドキュメンタリー

評者 奥村 宏 会社学研究家

 2008年9月、リーマン・ブラザーズが倒産したのをきっかけに、サブプライム危機は世界金融恐慌にまで発展した。

そこでアメリカ政府はなぜリーマンを見殺しにしたのか、と人々が疑問を持つのは当然である。リーマンは倒産したが、メリルリンチはバンク・オブ・アメリカに合併され、そして保険大手のAIGは多額の公的資金によって救済された。それによって危機は一時的に避けられたが、政府による介入によって「アメリカは社会主義国になった」という批判が共和党右派からなされている。

このリーマンを中心にアメリカの金融危機の当時の状況を、あらためて関係者に当たって詳しく書いたのがこの本である。

リーマンだけでなく、メリルリンチやシティグループ、モルガン・スタンレーなどの経営者や担当者、そして当時のポールソン財務長官やガイトナー・ニューヨーク連銀総裁などの話が当時の状況を詳しく物語り秀逸だ。三菱東京UFJ銀行からモルガン・スタンレーに振り出された90億ドル小切手のコピーも収録されている。

新聞記者としては当然のことかもしれないが、誰がいつ、何を話していたか、ということが本書の大部分である。政治の話ならこれでもよいが、しかし経済の話となると、これだけでは真相はつかめない。なぜ危機が発生し、それが恐慌にまで発展したのか、という大事な問題は、放置されたままになっている。

原題は“Too Big to Fail”(大きすぎて潰せない)だが、それにしてもポールソン財務長官を
はじめとする政府や連銀、SECの幹部たちのこの問題に対する対応を見ると、その困惑ぶりがはっきりとうかがえる。これでアメリカは大丈夫なのだろうか、という不安に駆られる。

Andrew Ross Sorkin
米ニューヨーク・タイムズ記者。金融・企業合併を専門とする。ヒューレット・パッカードのCompaq買収や、IBMによるPC製造部門のLenovoへの売却などでスクープ連発。これまでに100を超える一面記事の執筆にかかわってきた。

早川書房 各2100円 上・398ページ、下・386ページ

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。