戦国期に突入!いまメディア業界が面白い。

【お知らせ】特別イベントを10月8日(水)に開催

 

「メディア業界に大変革の波が来ている」――。

米国ではグーグル(ユーチューブ)やフェイスブックが圧倒的な力を持つ「ニュースメディア」として台頭。さらに、報道内容にユニークさを持つ、新興メディアも次々に誕生しています。収益の先細りに苦しむ既存の大手メディアも、提携戦略や思い切った業態の転換により、新たな道を模索する動きが加速。いまこそ変革の中で新しいジャーナリズムのあり方を問い、メディアの可能性に挑戦する時が来ているといえるでしょう。

新時代のメディアのあり方を考える!

そこで、東洋経済新報社では2014年10月8日に虎ノ門ヒルズフォーラムにて「メディア業界」をテーマにしたカンファレンスイベントを行います。本イベントは10月6日に発売予定の『週刊東洋経済』で組まれる「メディア」特集企画と連動。ニューメディア、既存メディア、それぞれの交流を促しながら、ジャーナリズム、ビジネス、テクノロジーが融合した新時代のメディアのあり方を徹底的に掘り下げて議論していきます。

あわせて本イベントでは、東洋経済が目指すメディア像についてもご紹介できればと考えております。メディア業界のみなさま、メディア業界に興味のある読者のみなさま、ぜひご参加ください。お申し込みはこちらから。
 

特別イベント「大変革期に未来を語る!いま、メディアが面白い」
■日時: 2014年10月8日(水) 18:00~21:00 (開場17:30)
■登壇者(パネリストなど):

角川 歴彦氏(KADOKAWA会長)、藤村 厚夫氏(スマートニュース執行役員)、福島 良典氏(グノシー代表取締役)、高橋 浩祐氏(ザ・ハフィントンポスト日本版編集長)、土井 達士氏(産経ニュース プロデュース担当)、澤 康臣氏 (共同通信社※モデレーター)、松村 太郎氏(ジャーナリスト)、船越 雅史氏(HJホールディングス ヴァイスチェアマン)、杉本 誠司氏(ニワンゴ代表取締役)

■場所: 虎ノ門ヒルズフォーラム
■参加費: 3000円
■特典: 『週刊東洋経済』最新号+デジタル版5週お試し読みチケット
■主催: 東洋経済新報社
■詳細:http://toyokeizai141008.peatix.com
Topic Board トピックボード
Trend Library トレンドライブラリー
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。