TOKYOを再インストールせよ

【お知らせ】WIRED CONFERENCE2014がやってくる!

2020年の東京を創造する

10月10日に『WIRED』が「未来の都市を考える」をテーマにカンファレンスを開催する。2020年に向けて大きく変化しようとする東京にフォーカス。グローバル化や高齢化により「課題先進国」とも呼ばれる日本、そしてその中心機能を担う都市・東京は何ができるのか。エネルギー、交通、経済、建築、医療、コミュニケーションなど、複雑化する新しい課題に立ち向かうために、未来の都市はどのようにあるべきかを考える。

スピーカーとして、デンマークとニューヨークを拠点に活躍する建築家ビャルケ・インゲルス氏をはじめ、エリック・ハウェラーら海外ゲストがずらり。さらにはUS版『WIRED』創刊編集長であるケヴィン・ケリー氏も登壇。豪華ゲストによるプレゼンテーションやトークセッションを展開する。申し込みはこちらから。

都市計画、コミュニティデザイン、行政など、未来の都市と生活づくりに携わる読者は必見のカンファレンスだ。

【WIRED CONFERENCE 2014】
「未来の都市を考える TOKYOを再インストールせよ」
■日時 2014年10月10日(金)
■会場 虎ノ門ヒルズフォーラム ホールB(虎ノ門ヒルズ森タワー 4F)
■受講料 18,000円(税別)
■主催 コンデナスト・ジャパン
■プログラム
[第一部] TECHNOLOGY 都市は進化したがっている
 ケヴィン・ケリー(US版『WIRED』創刊編集長)、
  齋藤精一(Rhizomatiks)、
   ディエゴ・タンブリーニ(Autodesk)
[第二部] ARCHITECTURE 新しい建築、新しい都市
    ビャルケ・インゲルス(BIG)、
   豊田啓介(Noiz)、
   エリック・ハウェラー(Höweler + Yoon Architecture)
[第一部] LIFEDESIGN 来るべき都市生活のデザイン
   イェンス・マーティン・スキブステッド(Biomega)、
   岸田茂晴(wacom)、
   渡邊信彦(イノラボ)
※日英同時通訳が入ります
詳細はこちら

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。