iPhone6発売、米国での盛り上がりは?

<動画>アップルの本拠地でも大人気

パロアルトの店に登場したティム・クックCEO(撮影:田邉佳介)

新型iPhone6とiPhone6 Plusが金曜日に発売されると、購入を希望する多数の熱狂的なアップルファンで、長い列ができた。

iPhone6とiPhone6 Plusの発売が開始すると、ニューヨーク市の5番街では歓声が上がり、ハイタッチが見られた。

アンドレアス・ギブソンさんは、新型のiPhone6 Plusをネットで事前予約し、一番に手に入れようと、午前3時に並んだ。「Apple Payに一番期待しています。財布を出さなくても支払いができるようになります」(ギブソンさん)

他の人も同様に興奮している。ケヴィン・フィッツパトリックさんは「記憶容量が増量したこと、NFC搭載が気になります。グラフィックを考えても、より見やすくなっているのだと思います」。

デズリー・ジェモットさんは「女性なので、軽くなったところが気に入っています。機能的には、Apple Payがいいですね。たくさんのカードを持ち歩かずに済みます」と語りました。興奮した購入希望者らの列は、5番街のアッブルストアから、10ブロック以上伸びた。過去に、注文が殺到したために入荷待ちになったことを思い起こす風景だ。

次ページAndroidとの差は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。