産業リサーチ(金融) 高木新二郎・産業再生委員長が金融庁の態度に激怒

りそな国有化の余韻さめやらぬ5月29日に、「産業再生機構・金融庁連絡会」の初会合がもたれた。連絡会の目的は、「産(業)金(融)一体再生」をめざして産業再生機構と内閣府産業再生機構担当室、そして金融庁が緊密に連絡を取り合っていく、というもの。初会合をつつがなく進めるため、事務方は「当日は生々しい話題であるりそなについて一切、口にしないように」と根回し。あくまで一般論を話そう、ということになった。
 が、産業再生に命を燃やす高木新二郎産業再生委員長が納得するはずがない。まさに「懇談」をするだけのほのぼのとした会合にしびれを切らし、踏み込んだ発言を・・・・。
 会合終了後、高木委員長はプッツン。会合終了後には「金融庁は何を考えているんだ。何も協力する気がないじゃないか。もう辞めてやる」と”瞬間湯沸かし器”が一気に沸点を超えたという。どのようなやりとりが行われたのか・・・・。

(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。