(第51回)【2011年度新卒採用戦線総括】研究室訪問、リクルーター制に多くの企業は断念

(第51回)【2011年度新卒採用戦線総括】研究室訪問、リクルーター制に多くの企業は断念

HRプロ株式会社
 理系学生の8割は研究室訪問した企業に対して志望の意思を抱き、文系、理系学生ともに5割以上の学生が就活に入って接触するリクルーターに大きな影響を受けていることを前回は明らかにした。

 大企業は「優秀な学生が少ない」と不満を言い、中堅企業は「来てくれるだろうか」と不安を口にし、中小企業は「就職ナビに出しても応募が少ない」といらだつが、学生への効果的なアプローチ法はあるのだ。ただそれを実行しているかどうかが問題。何もせず「待ちの採用」「Web採活」に終始しているのに、不満、不安を抱き、いらだっている企業が多いのではないか? 今回は努力する企業としない企業の「採活格差」についてデータを調べてみる。

●大企業ほど採用ホームページを重視する

図表1【採用で重視したメディア、ツール(企業規模:101~300名)】
図表2【採用で重視したメディア、ツール(企業規模:5001名以上)】
 まず、企業が採用で重視したメディアとツールについて確認してみよう。大企業と小企業ではかなり大きな違いがある。「就職ナビ」が重要なのは言うまでもないことだ。しかし小企業の方が重視する割合が高い。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。