「黒ラベル」はなぜ「スーパードライ」の後塵?

<動画>サッポロビールの戦略に物申す!

中川淳一郎(なかがわ じゅんいちろう)/ネットニュース編集者、PRプランナー。1973年、東京都生まれ。一橋大学商学部卒業後、博報堂入社。2001年に退社し、雑誌のライター、「テレビブロス」編集者などを経て、現在に至る。大の「サッポロ生ビール黒ラベル」ファン。

「大人エレベーター」のテレビCMでおなじみの「サッポロ生ビール黒ラベル」。言わずと知れた、サッポロビールの看板商品だ。

この黒ラベルを愛してやまないのが、ネットニュース編集者でPRプランナーの中川淳一郎氏である。

「毎年50万~60万円をサッポロビールに投下していて、さらにサッポロの株を2000株買っちゃった」(中川氏)というほど、熱狂的なサッポロファンなのである。

なぜシェアが低いのか

しかし、サッポロのビール業界における存在感は今ひとつだ。ビールの国内シェアは、アサヒ37.6%、キリン34.8%、サントリー14.7%に対し、12.0%(2013年度実績)。大手4社のうち、最下位だ。

もともと4番手だったわけではない。サッポロは1961年以降、長らくキリンビールに次ぐ2番手に付けていた。ところが、アサヒの「スーパードライ」が大当たりし、1989年には3番手に転落。さらに2008年には「プレミアムモルツ」がヒットしたサントリーにまで逆転されてしまい、4番手に転落してしまった。

次ページサッポロ宣伝戦略の課題は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。