映画以外に写真や雑誌も将来は3D化されるはず--ドリームワークス・アニメーションCEO/映画プロデューサー ジェフリー・カッツェンバーグ

映画以外に写真や雑誌も将来は3D化されるはず--ドリームワークス・アニメーションCEO/映画プロデューサー ジェフリー・カッツェンバーグ

現在のハリウッドの勢力図を決定づけた男である。
 
 映画プロデューサー、ジェフリー・カッツェンバーグは、パラマウントスタジオでの下積みを経て、1984年にウォルト・ディズニー・カンパニーに転じると、映画製作部門のトップに抜擢され、『リトル・マーメイド』『美女と野獣』『アラジン』『ライオン・キング』などを次々とヒットさせ、低迷にあえぐアニメ部門を立て直した。実写映画でも『プリティ・ウーマン』『天使にラブ・ソングを…』などのヒット作を送り出した。ディズニー映画に「第二黄金期」をもたらしたのは、間違いなくこの男である。

しかも、いち早くCGアニメの将来性を予見し、91年にはまだ1本も長編映画を作っていなかったピクサーに注目し、配給契約を締結した。このピクサーが、後に『トイ・ストーリー』をはじめとするディズニーの傑作群を生み出すことになる。

94年に上司との不仲が原因でディズニーをクビになると、すかさずスティーブン・スピルバーグらと組んで、映画会社ドリームワークスを設立した。同社が実写では『プライベート・ライアン』『グラディエーター』、アニメでは『シュレック』などの、人気作やアカデミー賞受賞作を多数生み出したヒットスタジオであることは言うまでもない。

現在、カッツェンバーグはアニメ部門を分社化したドリームワークス・アニメーションのCEOとして、3Dアニメの製作に情熱を燃やす。その映画に懸ける思いを聞いた。

--今後すべてのアニメを3Dで作ると発言されました。

過去10年間で家庭での映像体験は目覚ましい革新を遂げたが、映画館での体験は10年間まったく変化がなかった。それが映画業界の衰退を招いた一因だった。だが3Dの登場で状況はガラリと変わった。3Dによってわれわれが手にする収入は、DVD市場の縮小分を上回るはずだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。