日本板硝子、小が大をのむ買収の行方、外国人社長を「監視」《新しい経営の形》

日本板硝子、小が大をのむ買収の行方、外国人社長を「監視」《新しい経営の形》

2006年6月、日本板硝子は世界的ガラス企業、英国ピルキントン社を6160億円で買収した。当時、ピルキントンの売り上げは日本板硝子の2倍強。「小が大をのむ」買収と、世間の注目を集める。これにより日本板硝子は、世界29カ国で事業展開する世界首位級のガラスメーカーに躍り出た。

だがリーマンショック後は、欧米売り上げが全体の60%弱に高まった構造変化が、逆に脆弱さとなった。欧米の回復は鈍く、09年度最終赤字は413億円。今期も40億円の最終赤字が続く。欧州各国とも依然、財政・金融危機の火種を抱えており、先行きは楽観できない。

05年のピルキントン買収交渉開始後、同社株価は30%も上がった。買収金額が膨らみ、毎年180億円前後ののれん・無形固定資産償却が発生、損益を圧迫する。日本板硝子は、ピルキントン買収で“国際企業”への衣替えを果たすことはできたが、その成果は享受できていない。


英国人社長が突如退任 外国人社長へのこだわり

09年8月、日本板硝子が大規模な構造改革を実施する中で、社長兼CEOであるスチュワート・チェンバース氏が任期途中で退任を表明する事態が発生した。チェンバース氏はピルキントン出身の英国人。「子どもの教育など家庭の事情」が退任理由とされるが、同氏の役員報酬は4億~5億円だったとささやかれ、それを捨てての退任は衝撃を与えた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。