日本の教育格差 橘木俊詔著

日本の教育格差 橘木俊詔著

教育機会の格差は人生における結果の格差につながる。所得格差が広がるなか、教育機会も不平等化している。今最も問題にすべきは、低所得者の子どもの大学進学が困難になっていることだと、格差問題の第一人者は指摘する。

低学歴者は現在でも結果の格差に直面している。この改善には、能力や意欲のある人が低学歴で終わらないようにするとともに、正規労働者と不安定で低賃金になりがちな非正規労働者との格差を縮小する必要があり、これは官民挙げて取り組むべき課題だ。

学校教育において、仕事を行う際に有用となる技能の習得や、働くことの意義などをもっと学ぶべきと考える経済学者が、経済学の立場から教育を論じる。

岩波新書 840円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。