アフリカに賭ける 布施克彦著

アフリカに賭ける 布施克彦著

清水孝は、2006年1月、東アフリカのウガンダで事故死した。享年65。アフリカは、商社マンの彼が人生のメインステージに選び、夢を追い続けた場所だった。

五分刈り頭の小柄な男は27歳で勇んで赴任。半そでシャツにジーパン、アタッシェケースをぶら下げ、アポイントも取らずに、日本製品を売り込むため、目についた工場や事務所に飛び込んでいった。

生の喜び、死の恐怖、大いなるものへの畏怖、自然や動植物との共生、そして人間同士の心や魂の触れ合い。それらと直接正面から向き合うことに執着した清水にとって、その諸要素が地球上で最も保存され、露呈している場所がアフリカだったに違いない。

一般にはエリートと呼ばれる人だが、高い地位に出世したわけではない。人間の基本にこだわり、やりたいことをやり通す。そうした人生をどうしたら送れるか思案する人に、主人公の軌跡は大いに参考になる。

彩流社 1995円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。