「スマホ盗撮」にLEDで対抗する時代が来る

空間内での音や電波の制限にも応用へ

盗撮事件の3分の2がスマートフォンや携帯電話によるもの。これらを減らすきっかけになるか

立命館大学理工学部電子情報工学科の熊木武志(くまきたけし)講師ら研究グループは、スマートフォンでの盗撮をLED(発光ダイオード)照明によって防止するシステムのプロトタイプを開発した。可視光線を利用した盗撮防止システムの開発・発表は世界初となる。

スマートフォンによる盗撮は急増しており、警察庁の集計によれば、現在の盗撮事件の3分の2がスマートフォンや携帯電話で行われているという。しかも、この割合は年々増加傾向にある。

ウェアラブル端末がより多様化・普及すれば、さらに巧妙な盗撮が増加する可能性があり、防止策が必要とされている。

スマホにしか分からない「光の変化」を利用

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

研究グループが開発したシステムは、盗撮を防止したい空間内で、光ビーコン(位置情報を伴った無線標識)を送信するトランスミッターとしてLED照明を利用し、スマートフォンをビーコンを受信するレシーバーとして機能させる仕組みだ。

LEDは人に感知できない光の明度の強弱パターンをスマートフォンに送信する。撮影しようとしたスマートフォンのカメラが取り込んだその光の強弱パターンを、アプリが瞬時に自動識別して端末の画面に警告を表示すると同時に、撮影機能を使えなくしてしまう。

この研究成果は、2014年5月に開催された電子情報通信学会のワークショップで、「IEEE SSCS Kansai Chapter Academic Research Award」を受賞した。

次ページ電波厳禁の医療空間でも活躍の期待
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。