大学生物学の教科書 第2巻 分子遺伝学 デイヴィッド・サダヴァ著/石崎泰樹、丸山敬訳

大学生物学の教科書 第2巻 分子遺伝学 デイヴィッド・サダヴァ著/石崎泰樹、丸山敬訳

進化するのは生物だけではない。研究そのもの、そして教科書も同様だと教えてくれるのが本書である。いわば「DNAのすべて」が、高い学問水準でわかりやすい図を駆使して学べる。しかも、その最新の知見は、いまや個人(著名人)の塩基配列すら解明されている事実のほか、旧来の知識を随所で覆す。

原著『LIFE』(第8版)は全57章からなる生物学教科書だ。アメリカで人気が高く、マサチューセッツ工科大学(MIT)では、一般教養必修の生物学教科書に指定されている。バイオテクノロジーの知識が、どの分野の人間にも必須ということからだろう。

本書はそのうちの第3部(第9章から第14章)を翻訳。DNAの構造と複製、タンパク質合成、遺伝子制御などが解説される。

すでに原著第9版が昨秋出版され、寸暇を惜しんでリニューアルもされる。本書を超える教科書が、日本語オリジナルでぜひ刊行されてほしいものである。

講談社ブルーバックス 1575円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。