岩澤信夫 その4【全4回】 田んぼはコメの工場ではない 生き物の命を預かる場所だ

私たちの“耕さない田んぼ”には、耕す田んぼとは比べものにならないほどたくさんの生き物がいます。それらは子どもたち、孫たちに申し送らなくてはいけない日本の大事な遺産だと思っています。

植物プランクトンが豊富な“耕さない田んぼ”は、サヤミドロという藻が大量に発生します。これらが光合成を行い、水の中に酸素を溶け出します。酸素の多い水は生き物の格好の住みかですから、やがてミジンコや微生物が発生します。そして、それを食べるタニシやオタマジャクシが現れます。

そうした食物連鎖で生き物がどんどん増えていきます。初夏に田んぼを歩くと、たくさんのトンボで景色が霞むほどです。稲刈りの時期にはサギも来ます。

こうした生き物いっぱいの田んぼを、市民農園でできればとチャレンジを始めました。

畑には市民農園がありますが、田んぼにはありません。育苗など熟練した農業技術が必要だからです。しかし、1カ月かけて苗を育てるといったことは、私たちプロの農家が行い、田植えや若干の草取り・稲刈りは市民が行うという形の市民農園を試験的に始めました。

今年は10人ばかりでやっていますが、将来的には400~500人ぐらいでやりたいと思っています。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。