デフレの正体 経済は「人口の波」で動く 藻谷浩介著

デフレの正体 経済は「人口の波」で動く 藻谷浩介著

「景気さえよくなれば大丈夫」「生産性の上昇で成長を維持」「人口減少は生産性の上昇で補える」--。こういった思い込みが日本をダメにしていると、地域振興の専門家の著者は説く。

最大の問題は「2000年に一度の人口の波」にある。この結果、地方も大都市も等しく「現役世代の減少」と「高齢者の激増」が襲い、常識とは異なって首都圏のジリ貧も明らか。もともと「地域間格差」論は無意味であり、国際競争とは無関係に内需の不振は進むと指摘する。

ではどうすればいいか。高齢富裕層から若者へ所得移転をし、女性の就労・経営参加は当たり前、労働者ではなく外国人観光客・短期定住客を受け入れよと処方箋を提示。

角川oneテーマ21 760円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。