中国は北朝鮮を止められるか 五味洋治著

中国は北朝鮮を止められるか 五味洋治著

「もっと圧力をかけるなど、何かできないのか」。核をはじめとして問題山積の北朝鮮に対し、中国が見せる姿勢は、日本や韓国などから見ると「もどかしい」。そんな中朝関係の歴史的・政治的構造が、本書を読めば一目瞭然にわかる。

「血で結ばれた関係」と称される中朝両国。だが、実際には「関係の冷めた夫婦が、家の外では完璧にむつまじい夫婦を演じているようなもの」と言う。

「影響力を北朝鮮に発揮すれば、それだけ責任を負う。今の中国には負担が大きすぎる」。中国の対北朝鮮政策がもどかしいのは、このためである。だからこそ中朝が「普通の二国間関係」になれば、北朝鮮は自立せざるを得ず、中国も「やっかいな隣人」に余計な力を割かなくて済む。そうなるのはいつのことか。

本書の第1章と第2章で筆者が描く、中朝国境地帯の生々しい実情に、思わず引き込まれる。情報が乏しい地域でもあり、これだけでも一読の価値はある。

晩聲社 1575円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。