ギリシャの財政危機はEU破綻の序曲なのか--ジョセフ・S・ナイ ハーバード大学教授

欧州は20世紀前半に2度の戦争で引き裂かれ、世界政治の中心的な地位を失ってしまった。だが世紀の後半には、先見性のある指導者が遺恨を乗り越え、欧州統合に向けた制度を築き始めた。もはや独仏が再び戦火を交えることは想像できない。EU(欧州連合)の発展によって、欧州の魅力とソフトパワーは大いに高まったのだ。しかし今、そうした歴史的な成果に疑問が投げかけられている。

今年5月、ギリシャの財政赤字管理能力と債務返済能力に対する、資本市場における信頼が崩れた。これに対応して欧州各国の政府と欧州中央銀行、IMF(国際通貨基金)は、金融不安を和らげるために総額7000億ユーロの緊急救済プログラムをまとめ上げた。

一連の介入は小康状態をもたらしたが、資本市場の不透明性は消えていない。ドイツのメルケル首相は、ユーロ相場の下落が続けば、「通貨制度が破綻するだけでなく、欧州も破綻し、欧州統合の理想も破綻する」と言明している。

欧州統合はすでに重大な制約に直面している。財政統合は遅々として進んでいない。各国のアイデンティティは、統合から60年経っているのに欧州共通のアイデンティティよりも強い。国家利益は過去と比べれば抑制されるようになっているが、依然として重要な要素だ。

EUが27カ国に拡大したことは、欧州の諸制度が独自の形で残り、強力な欧州連邦や単一国家をつくりだせないことを意味している。行政府と立法府の統合は遅れぎみだ。EU大統領や外交政策の責任者は任命されているが、外交・防衛政策は部分的な統合にとどまっている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。