メガネなし&複数人で3Dを共有する新技術

ゲームや電子看板、医療分野での応用に期待

植木鉢の上に、立体的な花の絵を描くことができる

9月1日、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の舘暲(たちすすむ)特別招聘教授、南澤孝太准教授らの研究グループは、複数の人が裸眼で空中に3D映像を見たり、立体を描いたりできる3Dディスプレー「HaptoMIRAGE(ハプトミラージュ)」を開発したことを発表した。

これまでも3D映像を裸眼で立体視できるディスプレー技術はあったが、複数人で見る事はできず、直接触れることもできなかった。

裸眼で空中に立体を見られる仕組みとは

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

研究グループが目指しているのは「さわれる情報環境」の実現であり、今回開発した技術についても、実現すべきとした目標を「裸眼で多視点の3D映像」、「現実空間への3D映像の重ね合わせ」、「複数人での3D映像の共有」、「広範囲からの3D映像の観察」としていた。

この不思議な「HaptoMIRAGE」の原理はARIA(Active-Shuttered Real Image Autostereoscopy)と呼ばれる方法の応用だという。

どの角度から見ても、中央の妖精を立体的に認識することができる

「HaptoMIRAGE」はモーションキャプチャーセンサーでユーザーの視点位置を計測し、そのユーザーの視点に合わせた両眼視差映像を液晶ディスプレーに表示する。視点位置の計算は瞬時に行われるため、立体を上からのぞき込んだり、左右から見る位置をずらして観察することもできる。

次ページSFの世界が現実になる「さわれる情報環境」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。