ユニクロ快進撃に異変 秋冬商戦の高いハードル

ユニクロ快進撃に異変 秋冬商戦の高いハードル

絶好調を謳歌するファーストリテイリングに、“異変”の兆しが現れた。

7月8日、2010年8月期の業績予想を下方修正すると発表した。悪化の原因は、国内ユニクロの売り上げ不振。3~8月期の営業利益は、前年同期比で15%弱落ち込む見通しだ。

変調は、今年に入って現れた。1月の既存店売上高は、6カ月ぶりのマイナスに転落。2月はプラスへ転じたが、3~6月の既存店売上高は前年同期比7・4%減に後退した。天候不順の影響もあるが、直近の6月も5・8%減と振るわず、堅調だった同業のしまむらや総合スーパーのイオンと明暗が分かれた。

敗因についてユニクロは、天候不順とマーケティングの失敗を挙げる。中でも決定的だったのが、2月に立ち上げた「UJ(ユニクロジーンズ)」の不発だ。

総合力が機能せず

ユニクロでは、毎年1000万本以上のジーンズを売り上げている。1社で販売する本数では日本一の規模で、これまでもスキニージーンズやカラージーンズなどで自ら流行を創り出してきた。UJは「最大のマーケットポテンシャルを持ったジーンズを、大きく飛躍させる」(大苫直樹COO)と、最も力を入れたプロジェクトだった。

価格は従来の3990円に加えて、1990円と2990円の3価格帯で展開。デザインも豊富にそろえた。大型店では複数箇所に売り場を設け、万全の体制で挑んだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。