新型「ポロ」で女性客の拡大を狙う

男性向けじゃないフォルクスワーゲン

安全性能も燃費も向上した新型「ポロ」

「ドイツ車は男性のイメージが強いが、それを払拭したい」。庄司茂・フォルクスワーゲングループジャパン(VWJ)代表取締役社長は、新型「ポロ」の発表会(8月25日)でこう語った。「気軽に乗ってもらいたい。女性の入門ドイツ車といえる車」だという。

「ポロ」は、フォルクスワーゲン(VW)の基幹車種の1つで、日本では1988年に発売。輸入車といえば、女性が敬遠しがちな大型車のイメージが強いが、「ポロ」は輸入車としては数少ない小型乗用車だ。最小回転半径は5メートルを切っており、女性でも扱いやすい。累計販売台数は22万台で、VW車では同60万台の「ゴルフ」(ハッチバックタイプ)に次ぐ。

安全性能と燃費が向上

5年ぶりのモデルチェンジとなる新型「ポロ」は、年1万5000台以上を最低販売目標として掲げる。今回は標準仕様「TSIコンフォートライン」(223万9000円~)と上級仕様「TSIコンフォートライン アップグレードパッケージ」(249万5000円)を発表した。

サイズ、デザインは旧モデルをほぼ踏襲しているが、安全性能と燃費が向上している。

昨年発売の新型ゴルフと同等の先進安全技術が装備されている。国産の同クラスのコンパクトカーではオプション対応となる緊急ブレーキが、標準仕様でつく。安全性能をより高めた「アップグレードパッケージ(UGP)」には、先行車自動追従機能「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」が装備されているほか、「リアビューカメラ」(後方確認カメラ)も搭載されており、駐車の際、目標位置とのずれをラインでガイドしてくれる。標準仕様にもオプションでACCをつけることができ、この機能を搭載できる国内販売車としては最低価格帯である。

燃費も向上した。排気量1.2リットルのターボエンジンを搭載し、カタログ燃費性能は旧モデルから5%アップの1リットル当たり22.2キロメートルとなった。「走行状況次第では国産のハイブリット車と遜色ないパフォーマンスを発揮する」と、VWJの正本嘉宏マーケティング本部長は走行燃費にも自信を示す。

次ページ女性に訴求
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。