菅政権に期待する政策は? 半数近くが財政再建に期待、子供手当では世代間ギャップが顕著--東洋経済1000人意識調査

菅政権に期待する政策は? 半数近くが財政再建に期待、子供手当では世代間ギャップが顕著--東洋経済1000人意識調査

菅直人政権に最も期待する政策としては、「財政再建」が4割強に上った。「子ども手当の満額支給」「高速道路の無料化」といったバラまき的な政策への期待はそれぞれ1割以下しかない。それよりも、「政治とカネ」問題への対応が急がれる。

属性による差が顕著に見られたのは、「子供手当の満額支給」だ。20~30歳代の期待度が高く、とりわけ30歳代女性に限れば、財政再建と同程度の割合になっている。逆に、50代以上の子育て卒業世代では極端に割合が低くなっており、世代間のギャップがあらわだ。

この子育て卒業世代は逆に、財政再建に対しての期待度が高くなっている。 

■性別・年齢別クロス集計 [+表をクリックで拡大]

■地域別クロス集計 [+表をクリックで拡大]

>>>次ページ以降に各政策に対する属性別の期待度の詳細

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。