中国で深刻化する労働争議、対処療法に終始してきた現地労務管理のツケ


同じフレーズを今年の4月、再び広東省仏山でも聞くとは思わなかった。

企業やマスコミがストライキのいちばんの原因として挙げる「権利意識の目覚め」とは程遠いところで起こっていることも確信した。きっと十数年後も同じフレーズを中国で聞くことだろう。

この20年、中国事業の拡大に人事労務のエキスパート育成が遅れたという言い訳をしている場合ではない。対処療法しかやってこなかった人事労務政策のツケはいまも在中国日系企業に重くのしかかっている。

(アジアにじゅういち代表取締役 白水和憲 =東洋経済HRオンライン)

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。