日銀は「独立性」を勘違いするな、政府が金融政策の目標設定に介入するためにも日銀法改正を進めるべし

日銀は「独立性」を勘違いするな、政府が金融政策の目標設定に介入するためにも日銀法改正を進めるべし

藤末健三 民主党参議院議員

長いデフレのトンネルから抜けられない日本経済。その最大の原因を作っているのは日本銀行の“怠慢”である、と筆者は考えている。

2009年の秋、米・ニューヨークに視察に出かけたのだが、現地の金融マンや政治家からは、「日本は面白い国ですね。いったい、中央銀行は何をやっているの?」と言われた。間接的に筆者をはじめとする国会議員に対する嘲笑である。

一般に、中央銀行の独立性は、「目標の独立性」と「手段の独立性」の2つに分けられる。そして、各国の中央銀行には後者は認められるものの、前者は認められないというのが現時点における多数説となっている。

しかるに、現行の「日本銀行法」においては後者のみならず前者までもが与えられている状態だ。いま最優先すべき金融政策は、間違いなくインフレ目標の設定である。とはいえ、日銀に委ねるのではなく、政治主導で設定することが重要である。そのためにも、日銀法改正が必要なのだ。

これまで提出されてきた質問主意書と政府の答弁書を精査すると、現行の日銀法条文のうちネックとなっているのは、

第3条第1項(日本銀行の通貨及び金融の調節における自主性は、尊重されなければならない) と、

第4条(日本銀行は、その行う通貨及び金融の調節が経済政策の一環をなすものであることを踏まえ、それが政府の経済政策の基本方針と整合的なものとなるよう、常に政府と連絡を密にし、十分な意思疎通を図らなければならない) である。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。