「就職活動用の塾・家庭教師」を実際に利用した学生はわずか4.1%

「就職活動用の塾・家庭教師」を実際に利用した学生はわずか4.1%

昨年秋に、学生の就職活動を実際に指導する塾や家庭教師が話題になったが、実際にあまり利用されなかった。また、学生が最も活用した情報源は「就職情報サイト」で、人気ナンバー1は断トツでリクナビ。

採用コンサルティングのレジェンダ・コーポレーションは、2011年入社の就職活動を行う大学生・大学院生36万0440人に対して就職サービスの利用状況について調査を行った(調査期間は、2010年5月13日~5月19日)。

まず、就職活動の開始当初(昨年11月)に利用予定だった就職サービスと、実際に利用した就職サービスを比べたところ、利用予定だったものの最も利用しなかったサービスは「就活塾・就職の家庭教師」だった。

昨年11月時点では56.1%の学生が「就活塾・就職の家庭教師」を「利用予定」と回答したが、今回の調査で「実際利用した」と回答した学生は4.1%にとどまったのだ。

また、「大学の就職課・キャリアセンター」「人材紹介会社(企業の紹介)」など、いずれの就職サービスについても、昨年11月に「利用予定」と回答した学生より、「実際に利用した」学生が下回る結果となった。

「就職情報サイト」の活用率が大幅アップ

就職活動において最も活用した情報源を尋ねたところ「就職情報サイト」が54.5%でトップとなり、昨年の34.0%を20.5ポイント上回った。「企業ホームページ」「個別企業セミナー」がその後に続くものの、どちらも昨年比で下回り、学生の情報源として「就職情報サイト」が最も活用されていたことがわかる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。