菅首相の「強い経済、強い財政、強い社会保障」の実現には3分の2が疑問--東洋経済1000人意識調査

菅首相の「強い経済、強い財政、強い社会保障」の実現には3分の2が疑問--東洋経済1000人意識調査

菅首相が所信表明演説で、「強い経済、強い財政、強い社会保障を一体として実現する」と表明。しかし意識調査では、その現実性について厳しい意見が多数を占めた。今後、実現のための具体的な政策を国民に提示できるかが問われる。

属性別にみても回答に目立った違いはないが、性別では、男性より女性の方が実現により懐疑的、年齢では年代が高いほうが多少は実現に期待を持っているようだ。60代男性に限ると、36%が実現できると思う(実現できると思う、どちらかと言えば実現できると思う)と答えており、全体の19%に比べ明らかに期待感が強い。

(週刊東洋経済編集部)

■性別・年齢別クロス集計

■地域別クロス集計

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。