「微意識」でステキ! 残暑の簡単クールビズ

クールになりきれない上司、いったいどこがNG?


8月も後半に入りました。盛夏のうだるような暑さに耐え、疲れがたまっている方も多いことでしょう。まだまだ真夏日になる所はありますが、もう少しの我慢です。何とか乗り切りましょう!

さて猛暑、酷暑といわれるこの夏、ちょっと気になるのが男性上司たちの服装や髪型です。環境省がクールビズを提唱して、まもなく10年。すっかり浸透してきているようには思えるのですが、実はラフなスタイルほどセンスが問われるものなのです。

今日はクールになりきれない上司にクールビズについて聞きながら、いったいどこがNGなのかを探っていきたいと思います。

上司「こだわり? ただネクタイ外すだけだよ。あ、シャツは半袖。だって涼しいから」

半袖シャツの上司は部下になめられる?

このように考えている方は実は多いのではないでしょうか? しかし多くの女性たちの目からすると、ただネクタイを外すだけではNGのようです。

私が主宰をする営業部女子課の女子たちによれば、「カッコいい人は半袖シャツではなく、長袖シャツをミラノのちょい悪おやじみたいにまくっています」や「ただのYシャツではなく、ボタンダウンなど動きのあるものを着ているとすてきですね」とのことです。

アメリカでベストセラーになった『ドレス フォア サクセス』の著者でイメージコンサルタントのジョン・モロイの調査によると「管理職が半袖シャツを着ている会社では、そうでない会社に比べて、スタッフの遅刻が12%多く、昼食から遅れて帰ってくる率も13%多かった」そうです。

半袖シャツの上司にはパワーを感じず、軽く見られる傾向にあるのでしょうか。まさに半袖、恐るべし! ですね。

次ページ素人に「ファッション誌そのまま」は無理
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。